業務案内組織広報情報公開リンク社員専用公益目的事業滋賀県下の基準点の情報滋賀県下の地図作成済地区
地籍の整備
平成地籍整備
 平成15年に発表された都市再生本部による「民活と各省連携による地籍整備」の推進に見られるように、社会的な要求として広域的な「地籍の整備」が問われており、全国各都市部のDID地区において街区基準点等の設置や街区点の測量が進められました。


 土地家屋調査士の職務は、充分な資料調査を行い、解析・測量等の地道な業務を経て個々の筆地を明確に確認してゆかなければならない、いわば地籍を担うものですが、その確認された筆地の情報が上記基準点等と関連づけられることによって、現地復元性の保持や他の事業の資料との整合が図られ、課税、開発、都市計画、防災等の様々な基本的社会施策が効率良く推進されるものと思われます。